2012年03月30日

誰のための藻岩山?! 再開発に大ブーイング

●利用料金高すぎる
藻岩山登山者イラスト.ほりかわ素人|札幌市議会議員 札幌市の藻岩山(531メートル)にある「もいわ山ロープウェイ」が昨年の12月23日、改装オープンしましたが、市民から、利用しづらく「だれのための施設なのか」という怒りの声が上がっています。何が問題なのかを見ていきましょう。
 まず、高い料金です。山頂までの往復は、ロープウェイと「もーりすカー」を乗り継いで大人1700円、小人850円です。

●展望窓はレストランだけ
 お天気が良くて屋上の展望台でゆっくり風景を楽しむことができるのは、夏季のわずかな期間だけです。そこで、市内を一望できるガラス張りの展望窓が設置されたのですが、
 何と、フランス料理レストランに入らないと、素晴らしい眺望を楽しむことができないのです。
 レストランに入らずに外をのぞける窓からは、東と西の方角半分しか見えないのです。
 フランス料理レストランのメニューは
 ランチセット 1570円〜3150円
 ディナーセット2620円〜5250円

●気楽な食堂も売店もなし
 頂上に以前はあったラーメン店はなく、弁当やおにぎりを置く売店もありません。
 藻岩山の登山者は年間9万人もいますが、登山者の休憩スペースはトイレの横で、暖房すらありません。

●なぜここにプラネタリウムが?
 新たに設置されたプラネタリウムの入場料は
 大人 700円
 子ども400円
です。
 このプラネタリウムを廃止し、市民が眺望を楽しめるよう開放すべきと私は考えます。

●車では中腹駅までしか登れません
 有料道路(一般乗用車往復660円)を利用して車で行くと、以前のように頂上直下までは行けず、中腹駅からモノレール往復
 大人 600円
 子ども300円
に乗るか、自然学習遊歩道を歩いて登るしかありません。
 中腹駅にある土産物の売店も頂上のフランス料理レストランも経営は本州企業です。

●施設運営の抜本見直しを
 私、堀川素人は、着工前から、もう少し市民の声を聞き、議論をして、計画を見直すべきだと訴えてきました。
 それは、ロープウェイなどの料金が高すぎることや、頂上までロープウェイ1本で直接結ぶことが可能なのに、市は、中腹駅からモノレールを設置する計画を強引に進めていたからです。 私、堀川素人は、観光都市札幌の50年後、100年後まで考え、市民に、よりよい遺産を残すことが大事と考えました。
 残念ながら市は、計画に固執したまま着工し、そのあげく、冬季の来場者は、施設が全面的に新しくなったにもかかわらず、計画の20万人を大幅に下回りそうです。市民からは「利用しづらい」と大ブーイングなのです。
 市は、誰のための施設なのか、もう一度考え直し、施設運営の抜本的見直しを図るべきです。
タグ:観光 藻岩山
posted by 札幌市議会議員ほりかわ素人 at 00:00| 市政について

2010年03月26日

民間学童保育4年生も助成対象に 陳情を採択23年度実施目指す

 市議会議員堀川素人は、2月26日、市議会で審議した「働きながら安心して子育てができるよう学童保育の拡充を求める陳情」に対して、陳情を採択し@学童保育の4年生以上を補助の対象にすることとA10人を下回ったクラブへの助成を継続することを市に求めました。

 民間学童保育は社会の変化の中から生まれ、児童会館やミニ児童会館が整備されても、補いきれない部分を担っています。10人を下回ったからと補助金を打ち切り、閉所に追い込むと大変な問題が生じます。少し規模が小さくなっても、残していくという考えに立つべきです。

 民間学童保育所・あすなろクラブの方からお手紙をいただきましたので、ご了解を得て右にご紹介させていただきます。

雛−1.ほりかわ素人|札幌市議会議員


堀川議員様へ
 過日はおかげ様で、陳情を採択出来、心よりお礼申し上げます。堀川先生の名質問は聞く者の胸に迫り、関係者一同、涙をおさえることが出来ませんでした。
 お許しも頂かずに大変失礼とは思いましたが、私自身が速記した質問内容を記事にして、載せさせて頂きました。先生の子どもを思う熱意と広い見識での施策内容に対する提言は、素晴らしく、「子どものしあわせ」を真ん中にした視点でのご質問と思います。
 今年4月に4年生になる男の子は、月額5700円の会費減免額を3年ちかくもらって、月額9800円の支払いで済んでおりました。しかし、来月4年生になると、施策通りだと保育料が14800円に跳ね上がります。親は通わせたい、子どもも、あすなろに通いたい思いでしたが、月額5700円負担増の現実は重く、切ない願いの男の子は、このおひな様を折ながら、ひなに願いを込めました。
 22年度からの4年生助成が無理としても、例えば23年度からの実現があるなら、クラブと親とで何とか智恵を出し合って1年間がんばれるのですが…。
 何卒、何卒、今後一層のご理解と御支援を、子どもたちにかわって宜しくお願い申し上げます。
(2010年3月2日 あすなろクラブの関係者さまより)


あすなろクラブの男の子が作った、たたむと箱になる、みごとなひな人形をいただきました。

posted by 札幌市議会議員ほりかわ素人 at 00:00| 市政について

藻岩山には直登ロープウエーを しっかり議論して計画の再検討が必要

●高すぎる改訂料金
 市は老朽化した藻岩山ロープウエーと頂上展望台施設を新しくする「藻岩山再開発整備構想」を進めていますが、ロープウエーは現在のルートのまま、山頂間近の中腹駅からモノレールに乗り換える計画です。ロープウエー1本で頂上に着くように、なぜ出来ないのでしょう。
 また、大人往復1100円から1700円への料金値上げは高すぎないでしょうか。

●どうもおかしい市の説明
 市は、ロープウエーを頂上直結にできない理由を次のように説明しています。@天然記念物の森の伐採を国が認めない。A東本願寺が墓の上を通るのを認めない。B費用が高額になる。
 しかし、市は「国が認めない」と説明しながら、実際には国に確認していませんでした。施工方法次第で、樹木の伐採も、鉄塔足場部分だけで済み、現ルートのように、ルートの下の樹木を全部伐採する必要はありません。さらに、いまのルートの自然を大幅に回復できるのです。
 東本願寺も市からそうした意向確認は受けていないといいます。
 建設費用の差額は4億5000万円になりますが、観光都市札幌の50年後、100年後まで考え、よりよい遺産を残すためです。決して高い金額ではないと思うのです。
 また、ロープウエー地上駅が市電停留所と直結したら、訪れる市民や観光客に分かりやすく、一層便利になります。
 市は、強引に現計画を進めるのではなく、もう少し、市民の声を聞き、議論すべきです。
タグ:藻岩山
posted by 札幌市議会議員ほりかわ素人 at 00:00| 市政について

天下り三セクのあきれた経営 殿様商売から札幌市は手を引くべきだ

●「天下り」の根深さ
 私、堀川素人は幾度となく天下りの根絶を訴えてきました。市長も天下り禁止を掲げましたが、見るべき成果はありません。
 当たり前のごとく行われる天下りを、このまま見過ごすわけにはいきません。

●役人は「天下り」を特権化している
 天下り先は人間の能力と関係なく決まります。札幌市の場合、最終職歴で天下り先も、給料も決まり、期間も役所が決めます。

●札幌副都心開発公社の社長とは?
 副都心開発公社は昭和49年、新札幌地区の開発を目的で設立された第三セクターで、サンピアザなどを運営しています。
 この20年間に社長(札幌市OB)が9人交代し、1年だけの社長が3人もいます。他の役員も国の天下りや、銀行の派遣で、3〜4年で退職です。否応なく仕事は無責任になります。

●社内の乱れと無責任
 社員は派閥をつくり、役員のパワハラ、テナントへの暴言、店に無銭飲食をねだる職員の話など、内部告発が絶えません。
 退店テナントから、やりもしない原状回復費を徴収し、指摘を受けて返金する詐欺まがいの行為も平然と行われています。

●無謀な規模拡大を許すな
 昨年、大手テナントの撤退問題が浮上。賃料を下げることで避けられましたが、相変わらず売り上げ低下でテナントの撤退が続いています。
 今では敷金が取れない臨時テナントが増え、臨時テナントビルの様相です。
 近隣に大型アウトレットモールがオープンしますが、ショッピングセンターへの影響は見過ごせません。ところが、公社は事業拡大で乗り切ろうとしています。これはあまりに無謀で、将来、市民に膨大な負担を与えます。
 「副都心開発公社は伏魔殿だ」(A元社長)。「副都心をつくる目的は終わった。そのことは上田市長にも伝えてある」(B元社長)─という声があります。
 市は、市民に迷惑をかけないうちに公社から手を引くべきです。
posted by 札幌市議会議員ほりかわ素人 at 00:00| 市政について